デリヘルで本番できる?交渉方法やOKしてくれる女の子はいる?NGな理由を徹底解説!

デリヘルで本番できる?交渉方法やOKしてくれる女の子の特徴を解説 風俗

ホテルや自宅に呼んで気軽にエッチなプレイができるデリヘル。女の子と至近距離で接するため、つい「本番がしたい」と思ってしまう人も少なくないはず。

本番に持ち込んでいる人の口コミも少なからず存在していますが、一般的に風俗での本番行為は禁止されています

今回はデリヘルを含む風俗の本番行為について、リスクや危険性なども詳しく解説します。本番行為について知りたい方は、ぜひ最後までみてくださいね!

デリヘルでの本番行為はどこまで?

デリヘルでの本番行為はどこまで?

デリヘルでの本番行為とは「ペニスを女性器に挿入すること」を指しま。なお男性の射精の有無は関係ありません。挿入した時点で、本番とみなされるため注意しましょう。

デリヘルの場合、基本的なサービスに「素股」が含まれています。素股とはデリヘル嬢が男性のペニスに性器周辺を押し当てて刺激する行為ですが、挿入しない限り本番行為には当たりません。

また口や手で刺激する「フェラ」や「手コキ」も同様です。

裏風俗のように本番行為ができ、それを売りにしているお店もありますが、トラブルに巻き込まれる可能性があるため利用はおすすめできません。

ちなみに、ソープランドは性的サービスを提供しないという前提で営業しているため、本番行為をしたのがバレた場合は逮捕される可能性が高いことを覚えておきましょう。

デリヘルでの本番行為は「売春防止法違反」で禁止されている

デリヘルでの本番行為は「売春防止法違反」で禁止されている

ソープランドのみならず、ファッションヘルスやデリバリーヘルスといった性を提供する風俗店では、本番行為は禁止されています。

もし「どこでも本番行為OK」としてしまうと、望まない妊娠や病気の蔓延などが起こる可能性が高いからです

こういった事態を防ぐために生まれたのが「売春禁止法」です。売春禁止法では、以下のように定められています。

第二条 この法律で「売春」とは、対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交することをいう。
第三条 何人も、売春をし、又はその相手方となつてはならない。

e-Gov法令検索

日本で売春はもちろん、相手方となることも禁止しています。また「対償を受け〜」とあるように、デリヘルとはいえ女性にお金を渡して性行為に及ぶのも禁止です

同意があれば法律上は犯罪ではない

デリヘルで本番行為を行うのは違法ですが、恋人になりお互いに同意したうえで性行為をした場合は、罪に問われません。

成人の男女が合意のうえでセックスするのを罰する法律は、日本にはないためです。その理由は、合意のうえセックスに及んでいる以上、被害者がいないためです。

ただし売春の斡旋や公衆の面前での売春勧誘(いわゆるポン引き行為)は違法となります

また相手が未成年である場合は、「児童買春」などで処罰の対象となるため注意しましょう

強制性交に該当すれば犯罪となる

本番行為がしたくて強引に風俗嬢に迫った場合は、犯罪となるため注意しましょう。

無理に本番を迫ったり、強引に挿入した場合は「不同意性交等罪(強姦)」により処罰される危険性があります

不同意性交等罪に該当した場合、5年以上の拘禁刑が科せられる、非常に重い罪です。また執行猶予が原則としてつきません。

さらに女性にケガを負わせてしまったら、より重い罪である「不同意わいせつ等致傷罪」になります。

また、自分はOKをもらったと思っていても、相手にそのつもりがなかったため、裁判沙汰になったパターンもあるようです

後々トラブルにならないように、デリヘルでは本番行為はしないほうがよいでしょう。

お店の罰則を受ける危険性がある

風俗店の公式サイトに行くと、ほとんどのところで注意事項として本番行為を禁止している記載を見ることになります。

本番行為禁止のお店でルールを破った場合、規定の罰則を受ける可能性があります。

罰則は主に以下のものあげられます。

・罰金(示談金)を払わされる
・警察に通報される
・暴力や脅迫を受ける
・お店を出禁になる

ほとんどの場合、お店の規約違反として罰金や違約金の支払いを要求されます。金額はお店によって異なりますが、一般的に30万円〜50万円と高額です

何故お店はここまで本番行為に厳しいのでしょうか?理由は自身のお店が摘発を受ける危険があるためです。

デリヘル店では法的に禁止されている本番行為を推奨してしまうと、従業員の逮捕やお店の摘発に繋がる恐れがあります。そのためルール違反には厳しい対処を行っているのです。

デリヘル嬢による「脅し」の材料にされる可能性がある

デリヘル嬢がもし快く本番行為をさせてくれたとしても、後日脅しの材料にされる危険があります。

主に以下のような場合です。

・妊娠したと言って中絶費用を要求される
・同意がなかったから警察に通報するといって示談金を要求される
・お店にバラすといって違約金を要求される
・家族や職場にバラすと脅される

タチの悪い風俗嬢は、ありもしない妊娠をでっち上げて脅迫してくることがあります。ですが、もし脅迫されても相手の話を鵜呑みにしないことが重要です

慌ててお金を支払ってしまうと後日、妊娠が嘘だったとしても取り戻すのは困難でしょう。

まずは相手の話を詳しく聞いたうえで内容を記録しておきます。そのうえで可能な限り第三者(弁護士など)に介入してもらい、円満に解決するよう動きましょう。

デリヘルを存分に楽しむポイント4選

デリヘルを存分に楽しむポイント4選

デリヘルだけでなく、風俗店での本番行為はトラブルになるためおすすめしません。

そもそもデリヘルは本番をしなくても十分楽しむことができます

デリヘルで楽しむためのポイントは以下の4つです。

・信頼関係を積み上げておく
・清潔感を意識する
・ロングコースを選ぶ
・オプションをつける

それぞれ順番に見ていきましょう。

紳士的に礼儀正しく頼んでみる

デリヘルに限らず、まずは第一印象が肝心!デリヘル嬢も人間です。

また人との会話や交流が苦手な女の子も少なくありません。そのため初対面では、礼儀正しく紳士的な振る舞いを心がけましょう。

「こっちは客だ」「お金を払っている」など上から目線はNG。優しく丁寧に交渉してください。

第一印象がよければ、安心感や信頼性を得やすくなります。正直デリヘルで働いていると、おかしなお客様に当たるパターンも多く、疲れている女の子も少なくありません。

そのような中で紳士的な振る舞いをすれば、他の客との差別化を図れるだけでなく、圧倒的にモテます!優しくて余裕のある男性を演じて、女性の心を掴みましょう。

清潔感を意識する

風俗店でも清潔感は必須です。しかし「清潔感」と言われてもイメージが掴みにくいかもしれません。

そのため以下の点に注意してください。

・髪を整える
・爪を切る
・髭を剃る
・洋服は洗濯した清潔なものを切る

どれも少しの心がけで簡単にできるものばかりですね。また体臭も清潔感を損なってしまいます。毎日お風呂に入り、汗をかいたら小まめにふき取るだけでも、大分軽減されますよ。

ロングコースを選ぶ

デリヘル嬢にとってロングコースは大きな収入に繋がります。

料金も高いため、女の子も「金銭的にゆとりのある人」という印象をもってくれるでしょう。より楽しみたいなら、ロングコースを設定したうえで上客っぽく振る舞うのがおすすめです。

あとは、リピートを匂わせるのもよいですね。「太客になってくれそう、逃したくない」と思わせれば、デリヘル嬢からの信用も得られますよ

オプションをつける

お店によってはオプションや指名料を、女の子に全てバックしているケースも少なくありません。

そのためオプションを可能な限り追加してみましょう。相手に「好きなオプションはある?」と聞いてみるのもおすすめです。

オプションも気前よく追加してくれる客を女の子は逃がしたくありません。リピーター獲得に繋げようと、より良いサービスをしてくれる場合があります。

本番を誘ってくるデリヘル嬢の特徴

本番OKをもらいやすいデリヘル嬢の特徴

男性から本番を持ちかける方もいますが、場合によっては風俗嬢のほうから交渉してくることがあります!

しつこく言いますが、風俗店での本番行為は法律で禁止されています。仮に風俗嬢から誘われたと説明しても、密室で起こったことを証明するのは難しいでしょう。

中には、自ら本番行為に誘っておいて「男性のほうから誘われた」「抵抗したのに無理やり襲われた」と嘘を言う女の子もいるようです

ここでは、無用なトラブルを避けるために本番を誘ってきそうな女の子の特徴についてまとめていきます。

とにかくお金を稼ぎたいと思っている女の子

お金を稼ぎたくて風俗の世界に入った女の子は少なくありません。そのため、効率よく稼ぐ方法として、本番に誘ってくる可能性があります。

会話の中で、給与や資産などお金に関することを積極的に聞いてくる女の子は要注意かもしれません

本番行為に誘われた際、リピートする気がないお店であればはっきり断って問題ありません。これからも通う予定があるお店のときは、「出禁になるからできない」などきちんと理由を伝えるとよいでしょう

リピーター獲得を狙う女の子

デリヘル嬢の収入源のひとつに「指名料」があります。リピーターが多くいれば収入も安定するため、女の子にとってはメリットしかありません。

そのため、リピーターを獲得するために本番を交渉してくる場合があります。

このような場合でも、「違反行為で罰金を支払わされるからできない」のように、本番行為をした場合のデメリットを答えると空気を悪くせず断れるでしょう。

セックスが好きな女の子

デリヘルで働いている女の子の中には、セックスが好きな子も多いようです。様々なプレイを楽しみながら距離が近付くうちに、女の子側が「本番がしたい!」となるかもしれません。

そのためムードが盛り上がり、プレイの途中で本番に突入しそうになることもあるでしょう

プレイの途中となると、雰囲気に流されてそのままヤリたくなるかもしれませんが、後から「本番行為を強要された」と言われる可能性もあります。

無用なトラブルを避けるためにも冷静に断ることが大切です。

お客さんを好きになってしまう女の子

デリヘルは基本的にお客様と1対1で接客をします。

趣味が合ったり顔がタイプだったりすると、女の子がお客さんを好きになってしまうこともあるでしょう。そして好意を寄せている証として、本番行為に誘ってくることがあるかもしれません。

恋人として付き合っていれば、デリヘルで働く女の子とセックスをしても問題ありません。

しかし、あとから「同意してなかった」「別に付き合ってない」など言われないよう、よく話し合ったうえでしましょう

誘われてもデリヘルの本番は絶対やらないように!

誘われてもデリヘルの本番は絶対やらないように!

デリヘルでの本番行為は法律で禁止されています。

しかし、デリヘル嬢と仲よくなって付き合えれば、合法的に本番ができる可能性はあるでしょう

交渉次第では恋人にもなれるかもしれません。ただし、あまりしつこくするとトラブルになる恐れがあるため、「付き合えたらラッキー」くらいの気持ちで挑んでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました